【告知】美術手帖12月号に論考が掲載されました

  1. 「P2Pネットワーク上に文脈を形成するプロトコルは設計可能か?」
  2. 大学院の外で初めて自分の研究内容について具体的に触れた。
  3. 文章の構成や内容は意識的に美術批評的にならないよう心がけた。

Continue reading “【告知】美術手帖12月号に論考が掲載されました”

「ピア予測法」はまさに分散型オラクル用のメカニズムデザインだ

  1. 分散型オラクルはスマートコントラクトを汎用化する。
  2. しかし既存の手法では適切な合意が得られない。
  3. ピア予測法はこの課題解決に大きく貢献するだろう。

Continue reading “「ピア予測法」はまさに分散型オラクル用のメカニズムデザインだ”