国際カンファレンスiiWAS2018にてBest Paper Awardを受賞しました

  1. 最近の論文がWeb工学の分野でBest Paper Awardを受賞した。
  2. 選択アルゴリズム+ピア予測法 の新たなメカニズムを提案した。
  3. 今後はこの研究をブロックチェーン周りの議論と接続させたい。

Continue reading “国際カンファレンスiiWAS2018にてBest Paper Awardを受賞しました”

【告知】美術手帖12月号に論考が掲載されました

  1. 「P2Pネットワーク上に文脈を形成するプロトコルは設計可能か?」
  2. 大学院の外で初めて自分の研究内容について具体的に触れた。
  3. 文章の構成や内容は意識的に美術批評的にならないよう心がけた。

Continue reading “【告知】美術手帖12月号に論考が掲載されました”

Byteballの合意形成アルゴリズムについて

  1. Byteballの合意形成アルゴリズムについて、ホワイトペーパーを読んだ限りでの自分の理解を記録する。
  2. ここで合意すべき内容とは、同じユーザーが生成したノード群の順序である。
  3. 具体的には 合意形成 = (MC(best parent(witness(個人の価値観)))) という構造である。

Continue reading “Byteballの合意形成アルゴリズムについて”

Ito, K. (2017), “A Commons-Based Intellectual Property Management Incentivised by Peer-Review and Reward Tokens”

Abstract: This paper aims to propose an intellectual property management which can sufficiently incentivise to innovation without providing exclusive rights for creators. Specifically, our model applies citation network and rewarding structure employed in cryptocurrencies, and instead of appropriability mechanisms, creators in the model are compensated by the delegation of subsequent review. This system can improve the social welfare on existing systems by free and open access and less management cost as decentralized autonomous organization.

*This paper is now under the review.*